海外留学を希望する人の中には、安易に「留学すれば必ず英語力が身につく」と考える人も少なくありませんが、そうならないケースも多々あります。
そもそも英語を学ぶだけなら日本国内でも可能ですし、留学をせずにTOEICなどの試験で高得点を取る人もいます。
逆に周りが英語を話す人ばかりの海外で生活したとしても、大人としての基本的な知識や判断力さえあれば、英語を話さなくても意外と生活に困らないものなのです。
また実際に留学してみると、現地の語学学校などには大勢の日本人留学生が通っている場合も多く、特に消極的な性格の人などは、日本人留学生のコミュニティーの中で過ごしがちになってしまいます。
そういった状況が落とし穴となって、海外留学しても英語力をほとんど身につけられないまま帰国する人は決して少なくありません。典型的な留学の失敗といえるでしょう。
貴重な費用と時間を掛けて留学するのですから、せっかくの英語を学ぶ機会を無駄にしないためにも、留学するべき理由をしっかりと考えて、自分からどんどん行動を起こしていく積極性が何よりも重要だと言えるでしょう。