英語の上達の為には常に会話をする、口から出すことで単語や文法のボキャブラリーを増やすことです。

常に会話を、と言ってもどこで会話なんてするの?
と思いますよね。

もちろん一番ベストな方法は留学でしょう。留学なら常に英語に触れられますからね。でもそれができないこともあるでしょう。

私も英会話教室で週に何回かの会話ではもの足りずヤキモキしているときに、日本に在住している海外出身の友達ができました。

彼女も英語は使うのですが、母国語は別にあるので会話をしていないと忘れてしまうと言っていました。

そこでどうやって英語での会話をしているのか聞いたところ、インターナショナルチャペルに礼拝に行っているとのことでした。

インターナショナルチャペルはキリスト教徒でなくても礼拝などをしに行ってもいいとてもオープンな場所でした。

そしてなんと!ボランティアのような形で英会話教室も開催していることを知り、私も通うことに。

思いっきり仏教なんですが、そんなことは誰も気にすることなく、とても親切で、日本に在住している海外出身の方の憩いの場所に私も混ぜてもらっていました。

特に楽しかったのは英会話教室の後にミサがあるのですが、その前にお菓子を振る舞ってもらいながら立ち話を楽しんだりして過ごす時間がとても楽しく為になりました。

そんな訳で英会話の上達には会話を沢山すること、それも楽しく、話をすることがとても大切だと感じます。